1. トップページ
  2. 月次決算
  3. 月次決算のすすめ

月次決算のすすめ

「会計がわからんで経営ができるか?だから、月次決算。」

「なぜ月次決算が必要なのでしょうか?」

「会計がわからんで経営できるか?」

 

これは、京セラ名誉会長、KDDI最高顧問である、稲盛 和夫氏の言葉です。

 

 「会計がわかる」と言う言葉には、二つの「できる」があります。

一つは、「貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書(C/F) を作ることができる」です。

 これは、経理部・財務部や税理士・会計士の仕事といってもよく、 社長はお任せでもOKだと思います。

 

会計の専門家は、

・テクニカルな説明はできるが

・ビジネスを知らない

・会計の本質的な利用の仕方はわからない

場合が多いと言われています(私もその中に入ります)。

 

事務所通信 しかし、会社の社長、経営者は、これではいけません。社長に求められるのは、「貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書(C/F) を読むことができる(理解できる)そしてこれらを自社の経営に活かすことができる」ということです。

 

 これは、経営者の必須マスター項目であるといっても過言ではありません。 これを、他人(ヒト)にお任せすることは、絶対に出来ません。

「地図の読めない登山家はいない」と言う言葉通り、この3つの財務諸表を読めない社長では、会社の行き先を定めることはできません。

 

 月次決算とは、毎年一年に一回行っている決算を、月次単位で行っていこう、と当事務所からのご提案です。

 

 これにより、今月は黒字だったのか?

赤字だったのか?資金繰りはどうなのか?タイムリーに「わかる」ことができます。

 

 さらに、自分の会社をこれから、どういう方向に持っていくか、そして、その打ち手を即座に決定することができます。

「経営のための会計学(経営に役立つ会計)とは?」

当事務所では、会計には3つの種類があると考えます。

1. 対外報告用、税務署、銀行のための会計  → 財務会計(過去会計)

2. 業績評価用、自社の現在を把握するための会計 → 管理会計(現在会計)

3. 意思決定用、自社をこれからどういう方向に持っていくかを示唆できる会計(未来会計)

 

もちろん、最も役立つのは、意思決定用の未来会計です。

その特徴は、次の5つです。

1. Speed

翌月5日〜7日には提供されるよう、月次決算体制を構築する。すぐに経営会議に入れるように。
社長が「月次決算体制を構築するぞ。」と決定するだけ。 →社長が、経理と税理士に相談。
2ヶ月でランクアップ
速く決定するのが正しい決定。 ぐずぐずが最悪。

2. Simple 数字を加工し、図・表を使ってわかりやすくする。単純化した情報ほど、社員に速く、正しく伝えるのに有利
3. Total 売上、原価、人事、人件費、固定費削減、設備投資、銀行借入、金利といった部分の話が、全体にどう影響するか見渡せるようにする。→部分最適より全体最適
4. About→ Drill Down

報告資料はおおまかに。データは正確に。
森を見てから木を見る、そして枝を見る。現場を見て確かめる。前月の成績を確かめるのは、これからどうするかを決定するため。

5. Simulation いま、1ヶ月後、今期の決算、5年後をある程度予測しながらシミュレートできる。

 

「自分の会社の、今を知り、未来を創る。」

 

月次決算とは言葉通り、毎月しっかりとした決算をタイムリーに実施し、しまつをつけるという考えに基づいています。

会社の今を知り、次月に向けて、手を打つ。

このくり返しが重要なのです。

※TKC経営革新アドバイザーの徽章。入所して、3年以内に取得することが目標。TKCで一年間の受講後、取得することができる。