1. トップページ
  2. セミナー案内
  3. 経営革新セミナー

経営革新セミナー

 当事務所では、顧問先の皆様はもちろん、金融機関、各種団体に対して経営革新セミナーを行っています。ぜひご参加ください。

第9回 経営革新セミナーを開催しました。

第8回 経営革新セミナーを開催しました。

10月7日(金)午後3時よりイヤタカに於いて、「全社一丸体制を目指して」をテーマとし、「第9回武田 亨税理士事務所セミナー」を開催致しました。
中小企業にとって厳しい経営環境の下、自社の発展と成長に強い意識と意欲を持ってご参加いただいた66名のお客様のお蔭をもちまして、非常に充実した内容のセミナーとなりました。
また、昨年、一昨年に引き続き、当事務所のお客様よりご報告をして頂きました。
セミナー終了後は同会場において懇親会を開催し、44名のお客様のご出席を頂きました。
セミナー同様、懇親会も大いに盛り上がり、あらためて職員一同感謝申し上げます。

   今回の事務所通信では「号外」として当日のセミナーの内容についてご紹介致します。

セミナーの内容

第1部 「これからの時代、経営者に求められること」

武田 亨税理士事務所 所長 武田 亨

 

第2部 「自社の全社一丸体制をチェックしてみましょう」

武田 亨税理士事務所  下タ村 祐康

 

第3部 「“秋田美人”のマーケティング戦略」

インターフェイス 株式会社  代表取締役 野澤 一美 様

第1部 「これからの時代、経営者に求められること」

武田 亨税理士事務所 所長 武田 亨
写真:武田 亨税理士事務所 所 長 武田 亨

これからの時代、経営者に求められることは、よい会社を創ること

  • よい会社とは?

    1.経営理念が明確である〜独自の経営観を持つ
    2.社員が笑顔で活き活きと働いている
    3.お客様やお取引先様そして地域からの信頼が厚い
    4.どんな時でも利益を上げ続ける

  • よい会社を創るための考え方
    1.社員満足なくしてお客様満足なし
    2.内発的動機(モティベーション)を高める
    3.高い価値観を育む

  • よい会社を創るための道具
    1.経営指針書・経営指針発表会
    2.月次決算書と月例経営会議

    3.価値観についての学習

第2部 「自社の全社一丸体制をチェックしてみましょう」

写真:武田 亨税理士事務所 石黒 陽子 橋 晃彦 齊藤 文太郎 下タ村 祐康

武田 亨税理士事務所  下タ村 祐康
  • 1.全社一丸体制が確立された組織とは
    (1)高い価値観を持つ組織(2)全体最適を思考する組織

  • 2.全社一丸体制になるためには
    (1)月次決算(C)−正確さよりもスピードを意識し、自社の現状をタイムリーに把握する
    (2)経営指針書(P)−自社を存続発展させていくための未来の完成予想図
    (3)経営指針発表会(P)−社内及び外部パートナーに思いを伝え、価値観・方向性を一致させる
    (4)月例経営会議(C・A)−現状と計画の差異を分析し目標達成に向けた打ち手を検討する場
    (5)横断的・チーム的組織−部門の垣根を越えて、共有された目的実現の為に実務に当たる組織
    (6)個人面談−個人と組織の方向性を確認する場
    (7)幹部間の意思疎通−経営者のビジョンを現場に浸透させるための必要条件
    (8)見える化(C)−結果に至るまでのプロセスを常に把握する仕組み
    (9)研修制度(共育)−教える教育と育む教育
    (10)経常利益−利益は目的ではなく、会社存続のための条件であり、社会貢献の結果

第3部 「“秋田美人”のマーケティング戦略」

写真:有限会社 ダイサン 代表取締役 三浦 元 様

インターフェイス 株式会社  代表取締役 野澤 一美 様

  • 1964年埼玉県生まれ。平凡な学生生活の後、短大を卒業しバブル期に新宿で5年間OL生活を送るが、現実から逃げるように何の目的もなく渡米。

  • テキサス州ダラスで語学学校在学中に偶然クリニカル試験と出会い就職。クリニカル試験とは、化粧品メーカーが開発した化粧品を薬局等で販売する前に、健康な人に投与することにより、安全性と有効性を確かめることである。

  • 数年後、日本で化粧品に含むことが出来る成分の規定が緩和された事がきっかけとなり“秋田美人”で有名な秋田で起業することを思い立つ。また、日照時間が短く、乾燥している事など肌にとって悪い条件が揃っているため、秋田はクリニカル試験に最適だと考えた。

  • その後、10年前に秋田で肌調査をした方々にまた同じ調査を行い、現在の肌の状態がどのように変化しているのかを調べてほしいとの依頼を受ける。その研究は「秋田10年肌調べ」と呼ばれ、P&Gから表彰を受けるきっかけになった。

  • 以前立てた計画より急成長を遂げるインターフェイスは、この冬また新たに計画を見直す事を予定している。

前回までの経営革新セミナー

第8回の経営革新セミナーこちらをご覧ください。

第7回の経営革新セミナーこちらをご覧ください。